宮本氏が作っていない曲があった...

ボーカルがほぼ全曲の作詞・作曲をしているバンドは多い。
ミスチルなら桜井和寿、スピッツなら草野マサムネ、ウルフルズならトータス松本。エレファントカシマシは宮本浩次となる。

エレカシの200曲以上ある中で唯一、宮本氏が作詞にも作曲にもクレジットされていない曲が1曲だけ存在するんです。

『土手』という曲で、『THE ELEPHANT KASHIMASHI II』(エレファントカシマシ・ツー)という2枚目のアルバムに入っています。この曲の作詞、作曲がドラムの冨永氏。彼が唯一作詞、作曲にクレジットされている曲でもあるのです!

ぜひ一度聞いてみてください。

<参考>
・石森氏がクレジットされている曲

 ①「ゲンカクGet Up Baby」 作詞:石森、宮本 作曲:石森

 ②「too fine life」 作詞、作曲:石森、宮本

 ③「ろくでなし」 作詞、作曲:石森、宮本

・高緑氏がクレジットされている曲

 ④「GT」 作詞:高緑、宮本 作曲:高緑

 ⑤「せいので飛び出せ!」 作詞、作曲:ダンディーブラザーズ(高緑、宮本)

 ⑥「星の降るような夜に」 作詞、作曲:高緑、宮本

※① ⇒アルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI II』に収録
 ② ⇒アルバム『生活』に収録
 ③ ⇒アルバム『俺の道』に収録
 ④ ⇒アルバム『浮世の夢』に収録
 ⑤ ⇒アルバム『明日に向かって走れー月夜の歌ー』に収録
 ⑥ ⇒アルバム『東京の空』に収録

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る